読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

徳川軍と武田軍の戦いの舞台長篠城その1

愛知県の100名城めぐり、2つ目は長篠城です。 

DSC04136

 名古屋駅からのアクセス

名古屋からは、名鉄もしくは新幹線で豊橋まで移動、豊橋からJR飯田線で長篠城駅下車です。豊橋から長篠城まで1時間かかるので、豊橋までは新幹線で移動することをおすすめしますが、時間がある方は名鉄でもいいでしょう。

長篠城駅からは徒歩10分位です。電車の本数が1時間に1本なので、帰りも同じルートを利用する場合は時刻表で必ず時間を確認しておきましょう。駅周辺には時間を潰せる場所はありません。

IMG_0736

長篠城沿革

  • 1508年 菅沼元成が築き、はじめは今川氏に属すが、義元が桶狭間で敗れた後徳川氏に属す
  • 1571年 武田氏の秋山・天野軍の侵入により武田氏に属す
  • 1573年 家康は長篠城を奪還。
  • 1575年 奥平貞昌を城主として、武田勝頼の侵攻に備える。5月勝頼は長篠城を攻撃。21日徳川・織田連合軍に武田軍大敗。
  • 1576年 奥平貞昌は、白を郷ケ原に城を移し、長篠城は廃城。

長篠城概要

長篠城は豊川谷の2つの川が合流する地点にを利用して築かれた。東三河(愛知)、信州(長野)、遠州(静岡)、美濃(岐阜)との交通は主に豊川の本流、支流に沿って発達したので、長篠城は交通の要衝として重視されました。

下の写真は次回の投稿でも登場しますが、2つの川が深い谷をつくり、断崖絶壁が天然の堀となっている事がわかります。

DSC04223

長篠城址

長篠城址に到着しました。

DSC04146

内堀と土塁

現在も若干の水が埋まっていますが、案内板によると当時は水掘りだったそうです。堀を作るとそこにあった土をどうにかしなきゃならないので、その土を盛って防御のために利用したのが土塁です。

DSC04140

DSC04171

DSC04147

土塁の上に登ってみました。

DSC04144

本丸跡

DSC04164

次回は、長篠城周辺についてご紹介します。

 

参考文献

「探訪 長篠の戦い」 長篠城址史跡保存記念館

「烈士 鳥居強右衛門とその子孫」 長篠城址史跡保存記念館

 

(つづく)

愛知県100名城めぐり関連記事

blog.shisekimeguri.com

blog.shisekimeguri.com

blog.shisekimeguri.com

blog.shisekimeguri.com

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.