読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

旧山口県議会議事堂

旧山口県議会議事堂、大正2年(1913年)に着工し、大正5年(1916年)に完工されました。 なんでも国会議事堂の設計スタッフにもなった大熊喜邦さんと武田五一さんという方が設計したそうです。

この武田五一さん、調べてみると広島出身で、他に関西電力京都支店、京都府立図書館などの設計に関わっています。自分は見てなかったのでわからないけど、NHKの連ドラの「ごちそうさん」の竹元勇蔵という人のモデルらしいです。

片や大熊喜邦さんは、麹町生まれ。他には富山県庁舎、横浜銀行協会なども設計しています。 この建物、議事堂としては、昭和49年12月まで使用され、その後、議会資料舘を経て現在の県政資料舘へと至ります。

f:id:hitoshim5617:20160402112422j:plain

f:id:hitoshim5617:20160402112424j:plain

議場だった場所は夢交流ホールと呼ばれ、イベントなどに使われているようです。

f:id:hitoshim5617:20160402112423j:plain

かつての傍聴席から議場を撮影。現在傍聴席は、交流ギャラリーと呼ばれ、議場に関する展示などが行われています。

f:id:hitoshim5617:20160402112425j:plain

f:id:hitoshim5617:20160402112421j:plain

この他にも議員控室などもあり、外観も中も大正ロマンたっぷりでした。床がギシギシいうので、心配しながらゆっくり歩いた記憶があります。こういう建物はいつまでも残して欲しいですね。

 

求道学舎再生―集合住宅に甦った武田五一の大正建築

求道学舎再生―集合住宅に甦った武田五一の大正建築

 

 

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.