読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

三原旅行記 三原城跡

隆景広場から三原城の天守台跡周辺を歩いてみました。

平成23年度から濠周辺の発掘調査を行っているとかで、現在はお濠の周辺が柵で囲まれていました。あまり近くに寄れなかったのが残念です。

北西方面から天守台跡を望む。

f:id:hitoshim5617:20160409105833j:plain

 北東方面から天守台跡を望む。

f:id:hitoshim5617:20160409105838j:plain

三原城跡碑

f:id:hitoshim5617:20160409105839j:plain

 今度は天守台の上にあがってみました。駅構内から階段をあがっていくと、天守台跡に出ます。 ベンチなどが用意されていて、ちょっとした公園になっています。

f:id:hitoshim5617:20160409105836j:plain

f:id:hitoshim5617:20160409105832j:plain

隆景広場方面を望む

f:id:hitoshim5617:20160409105840j:plain

北西方面を望む

f:id:hitoshim5617:20160409105834j:plain 

北東方面を望む

f:id:hitoshim5617:20160409105835j:plain

 南東方面を望む

f:id:hitoshim5617:20160409105837j:plain

三原城は前回も書いたように、小早川隆景が三原湾に浮かぶ大島、小島をつないで1567年に築城され、その後何回か修築など整備がなされ、1596年頃偉容を整えました。1575年当たりから信長の圧力にさらされはじめた時期ですから、より一層の守りを固めるために徐々に整備をしていったんでしょうね。

しかし、鉄道の高架が城跡の跡を通過するという珍しい城跡ですが、天守台の高さと高架の高さがほぼ同高さという点から見て鉄道の建設時はなるべく城跡に影響がないようにという配慮があったのではないかと思いました。とはいえ、もったいないですね。

(つづく)

 

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.