読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

三原旅行記 隆景広場

三原駅を降りて、まず駅周辺にある三原城天守台跡などを散策しました。三原駅改札を出て向かって右側に進んでいくと、隆景広場への出口と、天守台跡への出口とがありますが、まずは隆景広場へ出て下から天守台を見ることにしました。 途中の高架下から石垣が見えてきました。椅子が用意されていて座って石垣を眺めることも。

f:id:hitoshim5617:20160409105829j:plain

 石垣とお濠の全体が見渡せる場所まで進んできました。

f:id:hitoshim5617:20160409105831j:plain

さらに進むとバスのりばなどがあるロータリーに出ますが、その真ん中らへんに隆景広場という小さなエリアがあります。

f:id:hitoshim5617:20160409105828j:plain

広場には小早川隆景の銅像があります。台座の上にデーンと座っています。台座の石のほうが大きく、人物像自体は小さいのがちょっと残念です。

f:id:hitoshim5617:20160409105830j:plain

三原城は、小早川隆景が三原湾に浮かぶ大島、小島をつないで1567年前後と1596年頃偉容を整えたと言われており、海に向かって舟入りを開き、城郭兼軍港としての機能を備えておりました。

ただ、見てもわかるように、鉄道が本丸を貫き、明治27年6月に三原駅ができています。地元の人にとっては駅ができて万々歳だったんでしょうね。

でも、城跡の上に鉄道を通すのはちょっと信じられない。

(つづく)

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.