読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

碓氷峠アプトの道の旅 アプトの道起点〜碓氷関所跡

さて、いよいよアプトの道を歩いていきます。 鉄道文化むらのすぐそばに、起点を示す標識があります。天気も良く、ちょっと暑いくらいでしたが、絶好の散歩日和でした。終点までは6キロ、往復で12キロ。ちょっと不安でしたが、ひとまず出発しました。 

DSC00709

最初から脇道にそれますが、まずはアプトの道から一本右の道路沿いにある、碓氷関所跡をめざします。史跡好きとしては見逃せません。関所が設けられたのは899年で、この地に関所が移ったのは江戸時代1615〜1623年頃だそうです。 途中「東門の位置」と標識がありますが、この後でてくる門は東門で、もともとはこの場所にあったようです。 

DSC00722

案内板をみると、門柱、門扉は屋根材の一部、石台は当時のもので、昭和34年に復元されたとあります。今門がある場所は当時番所があった場所だそうです。

DSC00720

DSC00714

碓氷関所跡標識 

DSC00718

碓氷関所の阯の碑 

DSC00719

史料館も側にありましたが、開館期間が決まってるらしく、行った時はしまっていました。残念です。

(つづく)

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.