読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

下関旅行記 東行庵その4

東行庵の4回目の投稿となります。下関旅行記最終回です。

前回に引き続き東行庵敷地内から何点かをご紹介します。

東行庵の敷地内には「奇兵隊および諸藩士顕彰墓地」があります。

奇兵隊士の多くは十代、二十代で妻子もなく、墓は無縁仏になり記憶から忘れ去られていった状況を嘆いた東行庵三世谷玉仙尼が、昭和四十二年の晋作105年祭の記念事業として、晋作の眠る東行庵の清水山を造成し、各地に散らばっていた墓碑を集め供養しました。 (「奇兵隊および諸藩士顕彰墓地」一坂太郎著 東行庵刊より)

全部で百基以上の墓があります。墓の写真は撮影するのは気が引けたので、写真は数枚しか撮影しませんでした。

白石正一郎の墓碑 

奇兵隊を金銭面で支えた(奇兵隊会計方)白石正一郎の墓碑です。 

f:id:hitoshim5617:20160414213256j:plain

 

隣にはずっと他の隊士の墓が並んでいます。墓地は5つ以上のこのようなブロックから構成されています。

f:id:hitoshim5617:20160414213250j:plain

聖観音菩薩像

奇兵隊および諸藩士の霊を慰めるために建てられ、昭和四十八年に開眼式が行われた。

f:id:hitoshim5617:20160414213301j:plain

晋作歌碑

慶応元年(1865年)に下関新地町に日本で最初の招魂社を創建したときに、亡き同士をしのんで詠んだ。 

f:id:hitoshim5617:20160414213300j:plain

おくれてもおくれても
又君たちに誓ひしことを
あに忘れめや
司馬遼太郎文学碑

平成十年建立。「街道をゆく」より。 

f:id:hitoshim5617:20160414213242j:plain

以上で下関旅行記終わりです。 今度は、どこ行こうかな。

より大きな地図で 山口県下関の旅 を表示

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.