読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

下関旅行記 乃木神社

下関旅行記、ここからは2日目になります。

2日目は、この旅のメインである長府をまわりました。

下関からバスで長府城下町で下車、20分位でつきます。移動手段としてバスを利用されるかたはバスカードの購入をおすすめします。東京の場合は一律料金が多いので、区間によって料金が決まるのはとまどってしまいます。

長府は、長府藩の城下町、長府藩の藩祖は、毛利元就の四男穂井田元清の子供で、毛利輝元の養子となった毛利秀元。詳細は他のサイトにおまかせします。

最初は乃木神社です。乃木希典を祀った神社です。

f:id:hitoshim5617:20160417143611j:plain

 乃木希典は長府藩出身です。

NHK「坂の上の雲」見ましたか?

司馬遼太郎の原作は私はまだ読んでないのですが、というよりドラマになってしまったので読む気がなくなってしまいました。

司馬遼太郎が描いた乃木希典の人物像には評価がわかれるところですが、実際のところはどうだったんですかね。何にしろ、今の日本があるのはこの方たちのおかげだと思っているのでとても尊敬しています。

 

乃木希典と妻静子の銅像 

f:id:hitoshim5617:20160417143610j:plain

愛馬「壽号」の像。

壽号は、ロシアのステッセル将軍から送られた白馬です。

f:id:hitoshim5617:20160417143609j:plain

二◯三高地の松

二◯三高地から持ち帰った松だそうですが、枯れて枝だけになっています。 (横の立派な松ではなく、石碑の横の枝だけになってるのがそうです。たぶん) 

f:id:hitoshim5617:20160417143608j:plain

乃木希典が育った家(復元) 

f:id:hitoshim5617:20160417143607j:plain

敷地内には乃木希典の遺品が飾られた宝物館があります。

館内撮影禁止だったため写真はありません。 (つづく)

より大きな地図で 山口県下関の旅 を表示

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.