読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

萩旅行記 有備館

萩旅行記

今日は明倫館内にあった槍、剣術の道場である有備館をご紹介します。 

有備館

有備館は剣術と槍術の稽古場で、藩校明倫館内に建築された。木造一重入母屋造り桟瓦葺きで平屋建て。桁行37.8m、梁間10.8mの南北に長い建物である。内部の北半分は板間39畳を剣術場、南半分は土間54畳を槍術場とし、各その西側を藩主の上覧場とし、中間に藩主臨場などの場合に使う控室がある。ここは藩士の練武のほか、他国からの剣槍術の修行者との試合場、すなわち「他国修行者引請剣槍術場」でもあった。

萩市 

有備館外観1

「他国修行者引請場」という名の通り、他国からの剣槍術の修行者との試合場でもあり、 坂本龍馬が萩に来た際もここに寄ったといわれています。

有備館外観2

有備館外観3

私が訪れた日(5/1)は内部の特別公開の日で、中に入って萩市観光課のお姉さんに いろいろと説明やエピソードをききました。 当日は10時からだったのですが、10分くらい前には入れてもらえました(たぶん先客がいたので2番のり)。

こちらが剣術道場になります。龍馬伝のスタッフも訪れて寸法を計測していったと言ってました。 

有備館剣術道場1

有備館剣術道場2

こちらは槍道場になります。 最初こちらの方は物置できたないので、戸を閉めっぱなしだったのですが、それでもよければ ということで見せてもらいました。

いやぁ、見ないわけにはいかないでしょう、ここまで来て。正直、言わなかったら、自分から見せてくださいって言ってましたよ。(結局その後はそのまま公開していたようですが) 

有備館槍道場1

相撲部屋の稽古のように、畳の方に偉い人が座って槍術の稽古を見ていたようです。 

有備館槍道場2

ここで、藩士たちが稽古していたと思うと感激してしまいました。

非常に貴重な体験でした。


より大きな地図で 山口県萩市 を表示

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.