読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

萩旅行記 萩城跡

萩城天守台

今日は萩旅行記に戻って萩城跡をご紹介します。 毛利輝元は関ヶ原の戦いで西軍の総大将に担ぎ出され、結果徳川方に敗れたため、 広島城を追い出されこの萩城を築城しました。1614年に着手し4年後に完成。 天守閣など建物自体は明治16年(1873年)に政府払い下げ令が下り、 翌年に解体されたため、今は残っていません。 現在は、指月公園として広く公開されています。

石垣の上から萩城跡(指月公園)の入口方向を望む。

萩城極楽橋

当時の写真ですが、天守閣が残っていたらどんなに素晴らしかったことか 悔やまれます

萩城天守閣古写真

萩城祉碑 大正8年(1919年)公爵毛利元昭によって建てられたもの。

萩城址碑

この石碑は、大正8年(1919)11月、公爵毛利元昭によって建てられ、萩城の来歴を記したもので、子爵杉孫七郎の撰文、高島張輔(日本画家高島北海の実兄)の書である。萩城は毛利輝元によって築城され、慶長9年(1604)に工事に着手し、4年後の慶長13年に完成した。以後260年間、萩藩主の居城として、また周防・長門両国の藩政の中枢機関として偉容を誇った。しかし、第13代藩主敬親の代に至り、幕末の多端な国事の処理に不便なため、文久3年(1863)4月、藩府を山口に移した。その後、藩主の居館、諸役所などが漸次取り除かれついに明治6年(1873)には政府から萩城払い下げ令が下り、翌年天守閣、矢倉などすべてが解体された。

P4300052


より大きな地図で 山口県萩市 を表示 ↓応援お願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ 人気ブログランキングへ

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.