読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

萩旅行記 東光寺

萩旅行記

吉田松陰誕生地から10分くらい歩くと、毛利家の菩提寺東光寺があります。 東光寺に到着すると、重厚感のある東光寺三門が出迎えてくれます。 この門は1812年に十代斉熙から寄進されたそうですから、もう200年近く前にたてられたものになります。

東光寺三門

東光寺三門は、東光寺が創建されて121年後の文化9年(1812)10代藩主毛利斉熙が寄進したものである。規模は桁行11.4m、梁間6.5mの2階二重門で左右に上層部へ上るための山廊がある。屋根は入母屋造本瓦葺、中央に露盤付き宝珠を置き、2階には毘盧遮那仏・十八羅漢などが安置されている。全体の構造の形式は禅宗様である。規模も大きく地方寺院の三門として見応えがある。

萩市

 

東光寺三門

次は東光寺大雄宝殿です。これもかなりの年数が経っています。

東光寺大雄宝殿

大雄宝殿は、元禄11年(1968)4代藩主毛利吉広によって建立されたものである。建物面積289.61㎡の一重裳階付きの仏殿形式で、正面一間通りは吹き放ちになっている。屋根は入母屋造り本瓦葺きで、棟中央に宝珠と両端に鯱を置いている。堂内の土間は漆喰即仕上げで、建物中央部に格子天井を張るなど黄檗宗建築の姿をとっているが、細部をみると一般的な唐様の手法が見られる。

萩市

東光寺大雄宝殿

さらに進むとこの寺の特徴である、たくさんの灯篭が登場します。これには驚かされました。もう圧巻です。

東光寺墓所

東光寺墓所

そのたくさんの灯篭の奥に、三代吉就、五代吉元、七代重就、九代斉房、十一代斉元の墓所 があらわれます。奥の方でどっしりかまえているように見えます。 

東光寺墓所

さて、ここで不思議に思ったのですが、お寺なのに鳥居がたってるんですよね。 あまりこだわりはないのですが、ご存じな方がいましたら教えてくださいね。

 

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.