史跡めぐり

さまざまな史跡巡り、とくに毛利ファンなので中国地方の旅行記を中心にご紹介していきます。たま〜に史跡とは関係ない近場のプチ旅行、日帰り旅行なども出てきます。

碓氷峠アプトの道の旅 碓氷峠鉄道文化むら

横川駅のすぐそばに鉄道文化むらがあります。まだ、横川-軽井沢間にまだ信越本線が走っていた時代はこの辺一帯は、横川運転区として電気機関車等が活躍していた場所です。 この辺の動画を見ると、当時の横川駅の様子がわかると思います。 昔のアプト式の線路…

碓氷峠アプトの道の旅 出発〜横川駅到着

連休中に日帰りで群馬県アプトの道にいってきました。 上野駅から高崎線快速で高崎までいき(約2時間40分)、信越線で釜飯のおぎのやで有名な横川駅(約30分)に行きます。高崎線は、普通のロングシート車両なので料金はプラスしなければなりませんがグ…

銚子旅行記 仲ノ町駅

銚子旅行の最終回は、仲ノ町駅です。この駅の目玉スポットは銚子電鉄の車庫見学です。駅を降りると、醤油工場囲まれた場所なので大豆の煮たにおいというか独特のにおいがします。

銚子旅行記 観音駅

犬吠でだいぶ時間を費やしたので、残り時間もだいぶ減ってきました。 最後は仲ノ町駅の車庫見学と思っていたのですが、時間が中途半端なのでたい焼きが有名という観音駅で降りました。 観音駅外観 観音駅改札 たいやき屋は駅舎の中にありました(手前にピン…

銚子旅行記 犬吠駅

外川駅をあとにし、次は隣の犬吠駅にいきました。 犬吠駅舎 駅近くの海岸から灯台をのぞむ 犬吠駅は犬吠埼灯台に近い駅です。駅から数分歩いたところの海岸を目指しました。通常ではこの場所から灯台まで道が続いているのですが、途中のトンネルで崩落の危険…

銚子旅行記 外川駅

銚子を出発し、まず銚子電鉄終点の外川駅にいきました。外川駅はNHKドラマの澪つくしのロケ地だったそうです。ドラマの名前は確かに知っていったというか、沢口靖子が出ていたドラマということくらいしか覚えてませんでした。一度見てからこの地を訪れればま…

銚子旅行記 その1

史跡からは脱線しますが銚子へ日帰り旅行の記録です。 銚子へは鈍行で行ってもいけない距離ではないのですが、今回は東京駅発の特急しおさいでいきました。東京駅から銚子駅まで2時間弱で到着します。 銚子駅に到着すると、到着ホームの前方に銚子電鉄のホ…

吉田郡山城めぐり 三の丸跡

本日は三の丸跡です。 三の丸は城内で最大の曲輪で、曲輪内は土塁や削り出しによりさらに4段にわかれており、二の丸より約35m下段にあり東西約40m、南北約47mの広さと案内板には書いてあります。 御蔵屋敷跡から三の丸跡にいく途中には石垣に使われていた石…

吉田郡山城めぐり 御蔵屋敷跡

今日は、御蔵屋敷跡です。 前回の勢溜の壇からさらに本丸に向かってすすむと、御蔵屋敷跡があります。 東西約20m、南北約30m、面積600平方メートルの広い敷地を持ち、この敷地の東側に多くの散乱した石が、高い石垣があったと想像させる、さらにその上の曲輪…

吉田郡山城めぐり 勢溜の壇跡

今日は勢溜の壇跡です。 勢溜の壇跡 勢溜の壇は、本丸の峰から南西へ長くのびる尾根を、御蔵屋敷の下段を堀切で区切って独立させ、十段の大型の曲輪からなる壇で、尾根沿いに比高差約1mで、面積約500㎡から700㎡の広さの曲輪を四段連ね、その先にこ…

吉田郡山城めぐり 満願寺跡

ひさしぶりですが、今回は満願寺跡です。 満願寺跡 満願寺跡は、郡山城跡の三の丸の西南でみ蔵屋敷の南、難波谷を登りつめたところに位置する。現在でも境内の北側に、東西に二つの蓮池が残っている。 毛利氏が入城する以前のかなり古くからあったと伝えられ…

吉田郡山城めぐり 尾崎丸跡

道のりの困難な旧本城をあとにし、次は尾崎丸跡です。 尾崎丸跡 尾崎丸、満願寺二王門のあった峰の中腹を堀切で隔て、その先端も本城との間の鞍部を利用して三条の堀切で隔てた独立的な曲輪郡である。 中心の尾崎丸は、長さ42m、幅20mと、この曲輪群中…

吉田郡山城めぐり 本城の本丸

前回に引き続き展望台から本丸を目指します。

吉田郡山城めぐり 展望台

清神社をみてから、再度吉田公園に戻り、本丸を目指します。 途中いろいろなスポットがありますが、まず展望台を目指します。 途中明治天皇聖徳碑があります。 どんな経緯で建てられたものかはわかりません。ご存知のかたコメントを!

吉田郡山城めぐり 郡山公園〜清神社

さて、前回の投稿より吉田小学校脇の登山口から登って行くとまず、郡山公園というちょっとした休憩所に到着します。 書き忘れましたが、山中に自動販売機などはないので登る前に飲み物は買い忘れないようにしましょう。 途中こんな標識をみながら・・・

吉田郡山城めぐり 出発

このゴールデンウィーク広島安芸高田にある郡山城に行ってきました。 もともと毛利ファンになったのも大河ドラマで毛利元就を見てからで、一度はここに訪れなければと思っており、2年前の夏に一度来たのですが、猛暑にやられほんの一部分しか見れず帰ってき…

下関旅行記 東行庵その4

東行庵の4回目の投稿となります。下関旅行記最終回です。 前回に引き続き東行庵敷地内から何点かをご紹介します。 東行庵の敷地内には「奇兵隊および諸藩士顕彰墓地」があります。 奇兵隊士の多くは十代、二十代で妻子もなく、墓は無縁仏になり記憶から忘れ…

下関旅行記 東行庵その3

前回の投稿からだいぶ時間があきましたが、東行庵の3回目の投稿となります。 東行庵敷地内から何点かをご紹介します。 高杉晋作像 下関旅行記3回目の晋作像ですが、日和山公園で紹介した晋作像の試作原型だそうです。言われてみれば、顔以外はほぼデザイン…

下関旅行記 東行庵その2

今日の投稿は東行庵の2回目です。 東行庵についてから、暑かったせいもあり、東行記念館に入りました。 当日は、「高杉晋作と奇兵隊」と題した展示をやっており、奇兵隊士の袖印など貴重な遺品をみることができました。 東行記念館 この後、東行庵の周辺を…

下関旅行記 東行庵その1

今日の投稿は東行庵です。 高杉晋作は肺結核のため若くして、前の投稿にもある新地で亡くなるのですが、晋作の愛人のおうのが出家しこの東行庵で死ぬまで菩提を弔いました。 さて東行庵の場所ですが、下関駅から山陽本線幡生・新山口・防府方面に乗車して約…

下関旅行記 日和山公園

今日の投稿は日和山公園です。 この公園は、大正天皇即位を記念して作られた市内でもっとも古い公園です。目玉は大きな高杉晋作の銅像でしょう。没後90年を記念して作られたそうです。また高台にあるので、公園から下関港が見えます。春には桜の花見客でに…

下関旅行記 厳島神社・萩藩新地会所址

今日の投稿は厳島神社と萩藩新地会所址です。 厳島神社はすぐわかったのですが、萩藩新地会所址ってどこ?って具合で迷ってしまいましたのですが、なんのことはない、厳島神社のすぐよこに石碑がたっていました。

下関旅行記 高杉晋作終焉の地

今日の投稿は高杉晋作終焉の地です。 高杉晋作は、肺結核のため慶応三年四月十四日、新地の庄屋林算九郎邸の離屋があったこの地で没しました。 国道からちょっと中に入った場所の一角にひっそりと石碑がたっています。

下関旅行記 白石正一郎旧宅跡

今日は白石正一郎旧宅跡をご紹介します。白石正一郎は高杉晋作ら奇兵隊を資金面で援助したことで有名です。明治維新後は赤間神宮の宮司になりました。 史跡としては石碑がたっているだけです。国道沿いにふつーにたってるので見過ごさないように 注意してく…

下関旅行記 長府藩侍屋敷長屋

長府めぐりも終盤となり、壇具川添いを歩いていくと長府藩侍屋敷長屋があります。

下関旅行記 松嘯館跡など

今日の投稿は長府めぐりで、長屋門などいろいろ貴重な建物跡などが残っていましたのでそれをご紹介します。 横枕小路という細い通りの付近。 旧梶山家表門 梶山家は、長府藩の馬廻。整備前は部材の大半が欠失してたので解体修理、欠失してる部分は長府に現存…

下関旅行記 覚苑寺

今日の投稿は覚苑寺です。 覚苑寺は、毛利家の菩提寺で長府毛利三代藩主綱元が建てたお寺です。 また、幕末時に功山寺に潜居している五卿を守るため、奇兵隊が本陣を設置した場所でもあります。 入口

下関旅行記 日頼寺

今日の投稿は日頼寺です。 天台宗の寺を長府毛利初代藩主秀元公が毛利元就の菩提を弔うために再興しましたが、 明治に入って一度廃寺となり、明治四年に常楽寺と改められ、同二十二年に再び日頼寺に復されました。 足利尊氏、毛利元就、大内義隆、毛利秀元公…

下関旅行記 笑山寺

今日の投稿は笑山寺です。 笑山寺は、功山寺の前身で長府初代藩主秀元の開基、父の元清を祀っています。 山門 新しくなったのかきれいでした。 その分歴史を感じさせなくなって残念ですが。 本堂 十三重石塔(下関市指定有形文化財) 長府毛利二代藩主光広、…

下関旅行記 功山寺

今日の投稿は功山寺です。 功山寺といえば高杉晋作が長州藩の俗論派を討つためにこの寺に集結し決起した場所、いわゆる功山寺決起として有名ですが、8月18日の政変で七卿落ちした公家のうち五卿が功山寺に滞在しており、決起することを報告しにきただけと…

下関旅行記 長府毛利邸

ちょっとご無沙汰してしまいました。 実をいうとこの夏休みに再び下関を訪れました。 その時の写真もあわせてご紹介していきたいと思います。 今日は長府毛利邸です。 長府毛利家14代毛利元敏公は東京から長府に帰住し、この地に邸宅をたてました。明治3…

下関旅行記 乃木神社

下関旅行記、ここからは2日目になります。 2日目は、この旅のメインである長府をまわりました。 下関からバスで長府城下町で下車、20分位でつきます。移動手段としてバスを利用されるかたはバスカードの購入をおすすめします。東京の場合は一律料金が多…

下関旅行記 みもすそ川公園

前回の記事で、九州側から歩いて本州側に出てきましたが、その出口のすぐそばに、みもすそ川公園があります。下関は源氏と平氏の壇ノ浦の戦いに関するところと長州にちなんだところとが入り交じっています。今回のみもすそ側公園も、「源義経・平知盛像」と…

下関旅行記 ノーフォーク広場&関門海峡

前回までの門司港レトロ地区から関門大橋をめがけて30分位歩いたところにノーフォーク広場という場所があります。 この場所での関門大橋が一番きれいです。しかも夕暮れ時だったので眺めは最高でした。 ノーフォークというのは北九州市の姉妹都市である、…

下関旅行記 北九州市立国際友好記念図書館

ここまで2件の建物をご紹介しましたが、現地ではどれがどの名前の建物かわからない状態で、このブログは調べながら書いています。 なので現地では客観的に建物をみれていたとおもいますが、一番きれいだなと思ったのが今日ご紹介する「北九州市立国際友好記…

下関旅行記 旧大阪商船

2つ目の建物が旧大阪商船です。 大正六年に建てられた大阪商船門司支店を修復した建物となります。中国やインドなど大陸へ向かう客船の待合室などに利用されていました。 昭和39年に大阪商船と三井商船が合併し商船三井となり1991年まで使用されてい…

下関旅行記 旧門司税関

門司港駅近辺は、門司港レトロ地区と呼ばれレトロ調の建物や、雑貨屋や飲食店街などが集まっています。門司港を周遊するクルーズ船などもあるので一日楽しめるところです。 バナナの叩き売りの発祥の地でもあるみたいで、バナナのお菓子などおみやげが多くま…

下関旅行記 出発

4月終わりのGWに下関に史跡巡りの旅行にいってきました。 行きは新幹線で東京〜小倉で約5時間弱かかり、さすがに疲れました。 JR東海のEX予約の会員になると、早割とか利用できてグリーン車の料金も割引になるのでおすすめですよ。

萩旅行記 旧萩藩御船倉

こちらは藩主の御座船を格納していた場所となります。 萩城築城後間もなくの1608年に建てられたといわれています。 御船倉は全部で4棟建てられたと思われますが、現在はこの1棟だけ移築され残っています。

萩旅行記 岩倉獄跡

岩倉孫兵衛が酒に酔って、野山六右衛門の家に切り込み家族を殺傷した事件があり、両家がおとりつぶしになりその跡地が野山獄、岩倉獄になったそうな。 野山獄が士分のものが収容されたのに対し、こちらの岩倉獄はそれ以外の庶民が収容さました。 伊豆下田で…

吉田松陰終焉の地(十思公園)

日本橋小伝馬町にいってきました。 時代劇とかでよく伝馬町という地名は登場しますが、江戸時代に牢屋敷があった場所で処刑も行われた地です。安政の大獄で吉田松陰はこの地で最期を迎えました。 現在では、伝馬町牢屋敷跡地である十思公園に吉田松陰終焉の…

晋作立志像建立記念講演会その2

仕事が忙しくだいぶご無沙汰になってしまいました。 もうこの話題の旬の時期はすぎてしまいましたが、写真もとってきたので一応記事にしておきます。 記念講演会の2番手はは、一坂太郎先生です。萩博物館の晋作担当であり、また晋作関連の本を多数だしてお…

晋作立志像建立記念講演会その1

前回ご紹介した晋作立志像の除幕式の日、午後からは萩博物館にて記念講演会が開催されました。 講演会の前半は製作者の江里敏明先生により立志像ができるまでを写真を交えての講演でした。 萩城跡に行く途中にある毛利輝元像も江里先生だそうですよ。 江里先…

高杉晋作銅像除幕式

ここ最近さぼっていたので久々の投稿です。 以前の記事にも書きましたが高杉晋作の銅像の建立にあたって寄付をしたので除幕式の招待を受けました。 で先日そのために萩に行ってきました。 龍馬伝で晋作役をやった伊勢谷さんが来たということでネット上ではこ…

桂太郎旧宅

今日は桂太郎旧宅のご紹介です。 桂太郎は、萩市平安古にうまれ、3歳の時にここに移り住みました。 明治後は、第11代、13代、15代内閣総理大臣を務め、また、現在の拓殖大学を創設しています。 この旧宅は明治42年に少年時代を過ごしたこの地に新築…

旧湯川家屋敷

最近ごぶさたが続いてますが、今日はちょっと地味な場所になります。 藍場川沿いにある旧湯川家屋敷です。 この川沿いは自転車をどこかにとめて徒歩でゆっくりと景色や風景を眺めながら歩きたい 場所であした。実際時間もゆっくりと流れてるような感じでした…

高杉晋作誕生地

久しぶりの投稿となってしまいました。 今日は高杉晋作の誕生地のご紹介です。 龍馬伝見てますか、みなさん。第3部から満を持して登場してきましたが、かっこいいですね。ただ、粋でクールであまり感情を顔に出さないのが私の晋作像なのですが、粋さが足り…

井上聞多(馨)生家跡(高田公園)

今日は井上聞多(馨)の生家跡がある高田公園のご紹介です。 岩国にいったついでに湯田温泉に立ち寄りました。 そこでたまたま近くにあったのがこの公園です。 井上馨は長州藩士で、明倫館に学び、高杉晋作や伊藤博文らと英国大使館焼き討ち事件など幕末期は…

錦帯橋

今回は錦帯橋のご紹介です。 前回岩国城について記事を書きましたが、すぐそばに錦帯橋があります。 岩国城と城下町を結ぶ橋として何回か橋が作られたのですが、洪水などですぐ流されてしまっていました。三代領主の吉川広嘉が洪水に耐えられる橋ということ…

岩国城

今日は萩からちょっと離れて、岩国城をご紹介します。 岩国城は元就次男吉川元春の三男、広家が1603年に着工、1613年に完成しました。残念ながら一国一城令により1615年には破却されてしまいます。 関ヶ原の戦いで敗戦した毛利家は周防・長門の…

Copyright © Hitoshi Machida All Rights Reserved.